~建築士が語る部屋~

造作家具

4月 16th, 2019 きっペー

生活する上で家具は欠かせません。
この家具は後から設置するものとして考えられていましたが、最近では家造りと同時進行で家具を計画する家庭も増えています。
既製品家具だとサイズが合わなかったり、気に入ったデザインの家具が見つからないというケースも多く意外と手間がかかってしまうのです。
家造りの際に建物のサイズに合わせてピッタリの家具となるように造り付ける家具のことを造作家具と言います。
壁から壁、床から天井と余すとこなく収納スペースとして利用することができるため収納力を高められますし、建物内にスッキリと家具が収められるため空間全体のまとまりが高められます。
また、室内の雰囲気に合ったデザインや色、素材を取り入れることもできます。
室内の一体感が得られ、家具も違和感なく存在するのです。
収納する物に合わせて設計することもできますし、使い勝手の良さを高めた仕様にすることもでき家具への愛着や使いやすさをより一層高めることができるのです。
手持ち家具との調和を合わせることも可能です。
最近では、耐震性の高さから造作家具を取り入れる家庭も増えています。
建物に合わせて家具を造り付けるため大地震の際でも家具が倒れ込む心配がないのです。
耐震ロックを装備しておけば収納物が飛び出す心配もなく、より安心して収納しておくことができるのです。
しかし、最近では海外で生産された安価な家具が多く出回っています。
仕様やデザイン、素材にこだわりすぎることで非常に高価な家具となってしまうケースも少なくありません。
そのため予算に合わせて家具を計画することも忘れないようにしておきましょう。

Tags: ,

Comments are closed.