~建築士が語る部屋~

コンセントの位置と数について

6月 14th, 2018 きっペー

住宅への不満でよく耳にするのがコンセントの位置や数についてです。些細なことのようにも感じられますが、これが意外と生活に与える影響が大きいだけに暮らしをイメージしながら、しっかりと配線計画を行っておきたいものです。後からここにもコンセントが欲しい!位置を変更したい!と思っても簡単に設けることができないだけに、どこでどのような電化製品を利用するかを考慮して、余裕を持って設けておきたいものです。

ドアの開閉でコンセントをふさいでしまっては意味がありませんし、足元部分の低い位置ばかりに設けていたら、後から家具を設置した場合、家具でコンセントをふさいでしまい利用できないコンセントとなってしまうのです。カウンターより高い位置にコンセントを設けておくと、スマホやタブレット、携帯用のゲーム機を充電するにも便利ですし、ダイニングテーブルより高い位置にコンセントを設けておけば、ホットプレートやたこ焼き器などを利用する際にこれらのキッチン家電が利用しやすいのです。

コンセントが目に触れると生活感を与えてしまうという理由でLDKの四隅にコンセントを設けた友人がいます。掃除機をかける際に挿し口を何度も変えなければならず不便で、家事の効率が下がると不満をもらしていました。LDKの中央部分にコンセントを設けておけばこのような不満も出てこなかったことでしょう。掃除機に関しては充電式のものも多く普及していますし、ロボット掃除機も人気です。収納している状態で充電が行えるように計画しておくといいと思います。暮らしを豊かにするにはコンセントの位置や数に不満のない住まいを目指しましょう。

Tags:

Comments are closed.