~建築士が語る部屋~

快適な玄関を目指して

4月 29th, 2018 きっペー

玄関は、家族が毎日出入りする場所ですし、お客様を迎え入れる最初の空間です。そのため快適で出入りがしやすく、素敵な印象を持ってもらえる空間を目指したいものです。そこで我が家の玄関は、従来よりも広々としたスペースを確保しました。玄関スペースの広さを確保したというよりは、玄関横に設けたシューズクロークを広々と確保し収納力をアップさせました。

このシューズクロークには靴や傘だけが収納できるようにするのではなく、大きさのあるベビーカーや三輪車、外で使用する子ども達のおもちゃがガーデニング用品、洗車道具、旦那さんの趣味のゴルフバックなども収納できるように土間収納スペースもしっかりと確保しました。L字型に可動オープン棚を設けて家族の靴がどこにあるかが一目で分かるように整理できています。高さのあるブーツや長靴なども棚の高さを調整してスッキリと収められるのできれいに整理できています。

靴を大容量に収納できているだけでなく、屋外用のおもちゃやアウトドア用品、工具なども棚にきれいに整理することができています。収納力のあるシューズクロークにしたことで、玄関スペースに靴箱など余計な物を設ける必要もなくなり、スッキリとした空間が保てています。スッキリとした玄関にはベンチを設け、小さい子どもや高齢者が靴を脱ぎ履きする際に重宝しています。冬はブーツを履くのでブーツの脱ぎ履きの際もとても助かっています。

シューズクローク側には窓を設けて、明るさの確保と風通しを確保しました。天井にはナノイー発生機を設けて気になるニオイ対策も行いしっかりと衛生さも保つことができています。住まいの顔となるだけに快適で美しい空間を目指しましょう。

Tags:

Comments are closed.