~建築士が語る部屋~

インナーテラス

4月 16th, 2017 きっペー

インナーテラスとは、室内と屋外を繋いでくれるスペースのことです。屋外にいるような開放感や自然光溢れる明るさを確保しながらも、雨が降った際には濡れることはありませんし、夏の暑い日差しを避けることができしっかりとプライバシーを確保できる魅力的なスペースなのです。

最近では、リビングに隣接させたインナーテラスを設ける家庭も多いのです。庭で過ごしているかのような気分を味わえますが、雨や夏の暑さなどの直接的影響を受けないため庭よりも過ごしやすいとも言えます。私の友人は、洗面室の横にこのインナーテラスを設けています。ここを洗濯物干し場として利用しているのです。雨や雪など悪天候時でも洗濯物を干すことができますし、花粉の飛散や大気汚染物質の飛来なども気にしなくてもいいので毎日の家事を円滑に行えるのです。急な雨でも対応できる洗濯物干し場があると便利なのです。

プライバシーをしっかりと守ることができ、屋外の開放感を思い切り感じることができるインナーテラスは活用法も様々です。テーブルやイスを置き、読書をしながらお茶を飲んだり、非日常的な空間が広がることで贅沢な時間が流れます。庭との一体感と室内との一体感を大事にできるインナーテラスはこれから益々人気を高めていきそうです。家で過ごす時間はつい室内ばかりに目がいきがちですが、屋外にも目を向けより居心地が良く、特別な一時が味わえるインナーテラスを設けて、ワンランク上の家造りをしたいものです。

Tags:

Comments are closed.