~建築士が語る部屋~

勾配天井の子ども部屋

7月 14th, 2016 きっペー

我が家には4歳と2歳の子どもがいます。子ども達がまだ小さいためそれぞれの個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋を設けました。将来的に成長して、個室を必要とし始めたらこのワンルームを二つの個室に分ける予定です。ワンルームの広さは10帖です。個室に分けたら一部屋5帖の広さです。

個室になった時に狭さや圧迫感を感じないようにするために子ども部屋には勾配天井を取り入れました。天井が高いことで個室になった時でも開放感さえ感じられるほどなのです。この勾配天井を活かしてロフト収納を設けました。子どもが成長するにつれて、収納しておかなければいけないものは増えていきます。捨てたくても捨てられないものも増えていきます。空間は個室になり狭くなるにも関わらず、物が増えていけば子ども部屋は物で溢れ、勉強に集中することも、ゆっくりと休息することさえできないのです。これを避けるためにロフト収納を設けたのです。

増えていくものをきちんとここに整理するのです。そうすれば広さに限りのある5帖の部屋でも快適な空間が広がるのです。現在はここにまだほとんど物が収納されていません。この隠れ家的な空間が子ども達の遊ぶ心をくすぐり、絶好の遊び場となっています。しかし気になるのが、勾配が急なハシゴで行き来をすることです。2歳の子どもが行き来をする際には少々心配ですし、物を収納する際も、大きさや重さのある物を出し入れする時は一人ではできないと思います。ロフト収納を設ける際には行き来をハシゴでするよりは、固定階段で行き来ができるロフトの方が良かったなと少々後悔しています。

Tags:

Comments are closed.